CLOSECLOSE

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会加盟法人

運営会社:株式会社ライズユー

〒001-0924 北海道札幌市北区新川四条1丁目1番18号

北海道内全域対応可能 相談無料 0120-971-097【電話受付時間】9:00~21:00(水曜定休)
メール・LINEは365日24時間受付中です!

  • 電話で相談する
  • メールでのお問い合わせ
  • ラインで相談する

コラムCOLUMN

期限の利益喪失通知

2020/02/27

期限の利益の喪失とは

住宅ローンの滞納が合計で6ヶ月間となった場合に、金融機関から期限の利益の喪失に関する通知書や予告書が送られてきます。

「期限の利益喪失」とはお金を借りた金融機関が分割支払をこれ以上待つことが出来ない、という意味を持ちます。

借りているお金を決められている日に返済出来ない場合、契約を違反しているとみなされて期限の利益を喪失してしまうのです。

 

なお期限の利益を喪失すると、残債務の一括返済を求められてしまいます。

毎月の返済が厳しい状況での一括返済が出来るケースはほとんどありません。

住宅ローンの場合には、保証会社が残債務を立て替えて支払いをしてくれます。(代位弁済

代位弁済後には立て替えた保証会社が、家の所有者に対して立て替えた全額の返済を要求してくるのです。

 

このように期限の利益を喪失した後でも競売よりもメリットの多い任意売却という手段があります。

ただし、期限の利益の喪失通知が届くと、競売開始まで残された時間は少ないのですぐに任意売却の活動を始めなくてはなりません。