CLOSECLOSE

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会加盟法人

運営会社:株式会社ライズユー

〒001-0924 北海道札幌市北区新川四条1丁目1番18号

北海道内全域対応可能 相談無料 0120-971-097【電話受付時間】9:00~21:00(水曜定休)
メール・LINEは365日24時間受付中です!

  • 電話で相談する
  • メールでのお問い合わせ
  • ラインで相談する

新着情報NEWS

ジョンレノン

2020/12/08 新着情報

本日12月8日はジョンレノンの命日です。

今年の9月にビートルズ解散50年の式典で、ジョンレノンの学生時代通知表がオークションに懸けられたそうです。

落札額は調べてませんが、公開された通知表の内容は【落ち着きがない】【不真面目】など指摘項目が実に10以上あったそうです。

偉大なミュージシャンにも、思春期の反抗期があったんですね…。

そんなことを考えてたら、ふと自分の学生時代でビートルズに明け暮れた時期を思い出しました。

ビートルズに興味を持ったのは、たしか中学1年の時です。

その頃の学校内では、男子も女子も大半の生徒で大流行だったのを思い出します。

それは彼らが当時、洋楽バンドグループの先駆けであり容姿も音楽も全てにおいて恰好良く、日本国中の誰もが魅了されてたからです。

当時は勿論CDなど存在せず、LPレコードを部屋の大半を占める大きなステレオで聞くのが、私の一番の娯楽でした。

とはいえ中学生ですから、決して多くないお小遣いとお年玉をコツコツ貯め、ほとんどのビートルズのアルバムを所有しました。

ラジオから流れるレット・イット・ビーを聞いて懐かしく思うと同時に、所有していたアルバムコレクションを相当以前に捨ててしまった事を今となっては大変後悔しています。

ただ人生の半分?の年を重ね、あの頃の懐かしい思い出は決して一緒に捨ててはおらず、心がちょっとだけ和みました。

これからの人生の中でも影響を受けた出来事や、魅了された出来事を大切な思い出として生きて行こう!

ラジオから流れてきた次なる曲、ジョンレノンのイマジンを聞きながら思った次第です…。