フリーダイヤル0120-971-097
受付時間 / 9:00 ~ 21:00 ( 水曜定休 )

任意売却とは

SALE

  • HOME
  • > 任意売却とは

任意売却とは

一人で悩まず私たちにご相談ください

住宅ローンの滞納を放置すると、
最終的に自宅が強制的に売却されてしまいます

任意売却とは、事前に金融機関等と話し合い、住宅ローン完済前のマイホームを売却する方法です。
売却代金をローンの返済に当てる事ができます。通常、住宅ローンを滞納すると最終的には裁判所が行う競売(けいばい)の手続きを経て、強制的に売却されてしまいます。
しかし、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産について金融機関等の債権者と協議し、合意を得る事で売却することができます。これが任意売却です。

任意売却は競売を回避して人生を再スタートする手段です

任意売却は強制的に売却されてしまう競売と比べて、多くのメリットがある売却方法です。

任意売却の流れ

STEP01
住宅ローンの
残っている住宅を
STEP02
銀行等(債権者)
からの承諾を得て
STEP03
一般の市場で
売却
STEP04
住宅ローンの
残りを返済
任意売却の流れ

通常、住宅ローンを完済していなければマイホームを売却することはできません。
例えば35年ローンを組んだのなら、原則的に35年は売却することはできないのです。
これはローンを組む際にマイホームを借金の担保にしているためです。
しかし、住宅ローンの返済が難しい等の事情がある場合、金融機関等の債権者と話し合って売却の合意を得ることで、住宅ローン完済前であっても売却することができるのです。これが『任意売却』と呼ばれる方法です。

任意売却 6つのメリット

競売より
高く売れる
任意売却は「競売」のような特殊なマーケットとは違い、一般の不動産マーケットで売却する事になります。そのため、一般の相場価格で売却することができます。
プライバシーが
守れる
任意売却は第三者から見ると通常の不動産売却と変わりません。ご近所の方々に『住宅ローン滞納』などの事情が知られることはありませんのでご安心ください。
費用の持ち出しが
不要
抵当権の抹消の登記費用や※仲介手数料などの任意売却に必要な経費は、売却代金の中から配当されることになります。別途費用が必要になることはないです。
残債返済の
交渉ができる
任意売却後、残債(返済しきれなかった住宅ローン)の返済条件に関しては、債権者と返済条件に関して交渉することができる可能性があります。
自分の意思で
売却できる
任意売却は、強制的に進められてしまう「競売」と違い、所有者様のご自身の意志で売却することができます。引越しの日程などを計画的に進めることが可能です。
引越し費用が
貰える可能性
債権者からの了承が得られた場合に限られますが、任意売却の売却代金から新生活のための引越し費用を捻出できる可能性があります。
任意売却は、不動産取引の一種です
報酬は仲介手数料のみが認められており、
「売却金額の3%+60,000円及び消費税」と法律で定められています。

※売却代金から支払われますので、持ち出し費用は0円です。

競売と任意売却の比較

売却価格

競売

競売市場価格より安い
市場価格の7割前後の場合が多いです。

任意売却

任意売却市場価格
相場程度で売却可能です。

プライバシー

競売官報、インターネットで公開
競売物件の情報は公開され、周囲に事情を知られてしまいます。
任意売却守られる
一般の不動産売却と変わらないのでプライバシーは守られます。

諸費用

競売自分で持ち出す必要がある
競売費用(約60万円~)などが残債務に加算されることになります。
任意売却費用の持ち出しは不要
一般の不動産売却と同じく諸費用はかかりますが、売却代金から捻出しますので持ち出しは不要です。

残債

競売多くの残債が残る
多くの残債が残り、今後の支払い条件の交渉は難しいです。
任意売却残債返済の交渉ができる
売却後に残った債務(残債)の返済について、無理のない範囲で返済を進める交渉ができます。

売却の意志

競売一切考慮されない可能性がある
法律で決められた強制的な手続きなので、個人の希望や事情等は一切考慮されることはありません。
任意売却自分の意志で売却
自分の意志で売却することができますので、現実的な新しいスタートを切ることができます。

引越し代

競売自分で用意する必要がある
引越し費用がなくても転居しなければなりません。場合によっては強制的に退去させられることもあります。
任意売却引越し費用が貰える可能性
金融機関等との協議の結果次第になりますが、引越し費用を手元に残すことができる可能性があります。引越し日などの調整も可能です。

諦めないでください

一緒に最善の方法を探しましょう
ローン返済が滞った場合、何もしなければ競売にかけられてしまいます。
そして競売手続きがスタートすると、わずかな時間しか残されていません。
しかし、その残された時間を有効に使うことができれば、競売を回避し、有利な条件で問題を解決できる可能性があります。
早めに動き出すことが、なによりの問題解決の近道です。
北海道住宅ローン救済センターに、1日でも早くご相談いただければと思います。

既に他業者へ依頼された方へ

任意売却にはタイムリミットがあります。

任意売却は通常の不動産取引とは違い、専門的な法律知識やノウハウを必要とします。
通常、不動産会社は宅地建物取引業や民法に従い業務を行います。しかし任意売却は宅地建物取引業法、民法以外に、弁護士法、民事執行法、債権管理回収業に関する特別措置法などの法律知識が必要になります。

依頼先が任意売却の経験が不足していたり、相談者様に対して不誠実だったりと、時間切れで競売になってしまうケースがあります。
依頼先を、今一度ご確認、ご検討ください。

住宅ローンのお悩みを解決したい方
任意売却についてご相談したい方はこちら

無料相談する